オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

postheadericon クリーニング業者

スパナ

電気用品は自分で勝手に分解すると故障の原因になりますので、クリーニングは業者にしてもらう方が安心です。
特に冷房の時期は混み合いますので、夏を迎える前に依頼するのが御勧めですね。
クリーニングをしてもらうと、中の汚れを綺麗にしてもらえて、エアコンの匂いもなくなり夏も爽やかな冷風で快適に過ごせるでしょう。
クリーニングの利点は、中にたまっている菌も綺麗に落としてくれますので、健康にもとてもプラスになるのです。

交換をするなら
本体ごと交換をするのなら、現代は省エネの製品が御勧めです。
長時間つけていても、電気代がとてもお得になりますし、エコ機能や乾燥をふせぐ機能も満載についています。
長い目で見ていくと、買い替えの時期も見極めて新しいものにしていくことが、生活をより快適にしてくれるでしょう。
古い電気製品は老朽化して安全上も不安が出てくる時がありますので、時代にあわせて交換していきましょうね。
まずは、クリーニング業者に内部をみて貰って相談しましょう。

postheadericon メンテナンスについて

作業服の男性

エアコンはフィルター以外にも汚れが蓄積される部分が多数あります。
こうした部分に関しては一般家庭では掃除が難しいほか、機械の解体を必要とする場合もあります。
これを防ぐことができるのは、専門業者によるパーツの交換です。
点検も兼ねて1年に1度は掃除と点検、そして汚れたパーツの交換が好ましいと言えます。
フィルター交換にとどまらず、室外機のパーツ交換や、排水部分のパーツ交換も適宜行うことで、経済的にエアコンを使用できます。

エアコンからの恩恵
一昔前は扇風機しかなかった時代ですが、現在はエアコンのおかげで、暑い時は冷房で部屋を冷やせて、冬は暖房というように年中快適に過ごすことができるようになりました。
人々がエアコンから受けている恩恵は測り知れませんね。
使用年数が経つと、フィルターが汚れてきますので、何年かに一度は中の掃除が必要になってきます。
そういう場合はエアコンクリーニング専門業者に依頼をするとよいでしょう。
隅々まで綺麗に仕上げてくれます。

postheadericon 色々な種類

室外機

エアコンは空調に関わる機械のことで、家庭用から業務用まで色々な種類があります。
本来はエアー・コンディショナーと呼びますが、簡略化した呼び方のほうが現代で浸透しています。
部屋の温度を上げる暖房機能がある他、温度を下げる冷房機能もあります。
空気中の湿度を下げながら温度を下げる除湿・ドライ機能の他に、ただ単に風邪を輩出する送付機能も備わっています。
室外機とセットで設置され、この2つがあって初めて稼働します。

クリーニングについて
エアコンは使用し続けることによって、内部のフィルターにホコリが溜まるようになっています。
温風でも冷風でも、排出する際には室内や室外の空気を吸い込む必要が有るため、空気中に飛散している埃や汚れを集めてしまう傾向があります。
2週間から1ヶ月の期間でクリーニングをするのが好ましく、水で濡らした雑巾を固く絞って水拭きをしたり、掃除機で吸い取るといったクリーニング方法が適しています。
室外機に関しても同様です。